取扱い作家・作品名など

5周年謝恩特別陳列会

㊶宮本恒平「裸婦」

1900-1965、油彩、カンバス/F100号 175,000円⇒150,000円

士族の長男に生まれ家督を相続。経済的に豊かな環境に恵まれ、大正9年(1920年)、東京美術学校西洋画科を卒業し外遊。帰国後、帝展に連続出品。米国や欧州に滞在した。目白文化村の住人となり下落合の風景を好んで描く。アンチームな(親しくくつろいでいるような)独特の作風で知られた。額なし。