取扱い作家・作品名など

陶芸・アンティーク

陶芸(近代作家もの/近世もの)

<陶芸作品データ>

①高さ:8.5㎝、口径:14.3㎝、箱付き②高さ:7.8㎝、口径13.5㎝、箱付き③径6.5㎝、高さ3.5㎝④径10㎝、高さ9㎝、火舎の材は黒柿で、翡翠のつまみ。大徳寺管長小田雪窓花押。箱付き⑤径最大15㎝、高さ12.5㎝⑥径5.3㎝、高さ4.3㎝、紙箱付き⑦カップの径8㎝、高さ6㎝、受け皿径13㎝、濱田晋作識箱付き⑧胴径15㎝、高さ18㎝⑨濱田晋作識箱付き⑩胴径胴8.8㎝、高さ13.6㎝⑪胴径10.5㎝、高さ15.5㎝、把手に3箇所補修。箱付き⑫3辺各9.3㎝、高さ12㎝⑬胴径9.5㎝、高さ10.3㎝、江戸初期ごろの伝世品、箱付き⑭口径5.5㎝、高さ10.3㎝、野々村仁清の流れをくむ、箱付き⑮口径11.5㎝、高さ2.5㎝⑯口径5.4㎝、高さ5.6㎝、箱付き⑰口径14.8㎝、高さ6.8㎝、名品紹介の新聞記事、箱付き⑱口径15㎝、高さ6.8㎝⑲口径14.2㎝、高さ5.5㎝、箱付き⑳口径最小13、最大15㎝、箱付き㉑胴径20.4㎝、高さ18.6㎝㉒胴径8.3㎝、高さ18㎝

DSCN9187.JPG①河井寛次郎「鐵茶碗」7万5千円  DSCN9189.JPG②同「三色打薬茶碗」6万5千円

DSCN9279.JPG③同「三色香合」1万9千円 DSCN9285.JPG④同「益子焼香炉」4万6千円

DSCN9288.jpg⑤同「草花文急須」3万3千円 DSCN9295.JPG⑥同「草花文香合」1万8千円  

 

 

 

DSCN9191.JPG⑦濱田庄司「鐵絵紅茶器」11万円 DSCN9174.JPG⑧同「掛合壺」4万2千円

DSCN9172.JPG⑨同「海鼠(なまこ)釉扁壺」6万7千円 DSCN9168.JPG⑩同「鐵釉胴紐徳利」9千円

 

DSCN9166.JPG ⑪バーナード・リーチ「ピッチャー」(把手補修あり)8万円

 

DSCN9193.JPG ⑫島岡達三「三角壺」1万5千円

 

DSCN9171.JPG⑬「上野焼鐵釉斑文火入」(江戸初期)1万6千円 DSCN9290.JPG ⑭「古清水焼色絵粟図長向付」(江戸時代)9万5千円

DSCN9292.JPG⑮「志野織部笹文小皿」(桃山時代)2万4千円 DSCN9298.JPG⑯「唐津酒呑(ぐい飲み)」2万5千円

DSCN9329.JPG⑰「雨漏粉引茶碗(李朝時代)」(新聞記事掲載品)37万円 DSCN9333.JPG⑱「本手瀬戸唐津茶碗(江戸時代)3万5千円

DSCN9341.JPG⑲「志野織部鹿文小鉢」(江戸初~桃山時代)16万円 DSCN9347.JPG⑳「古織部沓茶碗」(江戸時代中期)4万7千円

DSCN9337.JPG㉑「白磁染付草花文広口丸壺」(李朝時代)21万円 DSCN9352.JPG㉒「ベトナム古陶(?)染付草花文鶴首瓶」12万5千円

DSCN9153.JPGDSCN9308.JPG河井寛次郎「花文壷」(敏孝識)高さ26.8×径26.6㎝ 30万円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                                                                                                            

アンティーク(アールデコ/ヌーボーほか)

<アンティークデータ> 

①高さ8.5㎝×径10.3㎝②高さ7.0㎝×径15.5㎝。エドモント・エトランは1909年にパリに店を構え、優れた工芸家たちを擁して自身のブランド名で販売。名を挙げ、アール・デコを推進したが、ユダヤ人であったために、第二次大戦中にドイツの収容所で死を迎えた③高さ5.0㎝×22.9㎝④シェード径15.2㎝、支柱高さ53㎝⑤シェード径16.0㎝、支柱高さ50㎝⑥高さ56㎝(シェード含む)、台座径21.5㎝

DSCN9195.JPG①ルネ・ラリック「小物入れ」(1931年)=アールデコ 3万8千円

DSCN9184.JPG②エドモント・エトラン「容れ物」=アールデコ 5万9千円 DSCN9300.JPG③同「ボール」3万2千円

 

DSCN9228.JPG④「卓上ランプ」=アメリカ 3万円 DSCN9225.JPG⑤「卓上ランプ」=フランス 3万8千円

DSCN9222.JPG⑥「エンジェルランプ」=フランス 5万8千円

 

 

1