取扱い作家・作品名など

5周年謝恩特別陳列会

㉚中筋幹彦「静物」

1925-1956、油彩、ボード/27×17.5㎝ 240,000円⇒150,000円

大阪生。東大中退。森芳雄と親交し、自由美術協会会員となったが、翌年30歳の若さで死んだ。遺作展が銀座サエグサ画廊で遺作10余点により開かれた。確信的な強い筆勢で、静物画でありながらシュールで表現主義的な雰囲気が漂う。